山口県行政書士会「遺産分割協議不成立後の手続」(H25.11.16)

20131116_1.JPG  

山口県行政書士会

平成25年度相談員養成講座

「遺産分割協議不成立後の手続」

平成25年11月16日(土)カリエンテ山口

山口県弁護士会弁護士  藤 村 亮 平

藤村写真 (1).jpg   藤村写真2.jpg

 

1 はじめに

・相続に関する相談は多い

・相談内容は様々

 「遺言書を書きたい」

 「息子にだけは、相続させたくない」

 「兄が亡父の財産を使い込んでいるに違いない」

・相続問題は複雑

 何となく知識はあるが、曖昧なことが多い

 ⇒相談者の誤解はもちろん、

専門家のホームページでも、意外と間違いがある

相続に関する考え方=時代により変化

最高裁判所平成25年9月4日判決
「嫡出子と非嫡出子の法定相続分の区分」に関する判断
平成13年7月において、嫡出子と非嫡出子との法定相続分を区別する民法900条4号ただし書は憲法14条1項に違反していた。
 
ただし・・・
平成13年7月以降の相続について、確定した法律関係に影響を及ぼすものではない
 

2 遺産分割協議不成立後の手続

遺産分割のルール①

「遺産分割協議」
「共同相続人は・・・いつでも、その協議で、遺産の分割をすることができる(民法907Ⅰ)」
 

 

 

・協議をして、合意

 ↓

・遺産分割協議書を作成

 ↓

・分割(登記など・・・)

遺産分割のルール②

「遺産の分割について、共同相続人間に協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、各共同相続人は、その分割を家庭裁判所に請求することができる(民法907Ⅱ)」

 

「遺産の分割請求」=遺産分割調停・審判

【遺産分割調停】

→当初より遺産分割審判を申立てることは可能であるが、職権で調停に付されるのが通常

【申立て】

裁判所:家庭裁判所

管轄 :相手方の住所地(複数の場合はいずれでも可) 合意

必要書類:戸籍関係、遺産関係、前提問題関係、債務

 

遺産分割調停の流れ

「誰が、何を、どのような割合で、どのように分けるか」を話し合いで決めていく。

①相続人の範囲を確定
②相続分を確定
③遺産の範囲を確定
④遺産を評価
⑤特別受益の確定
⑥寄与分の確定
⑦具体的相続分の確定
⑧遺産分割方法の決定
 

遺産分割調停の終結

①調停成立

 当事者間に合意が成立し、これを調書に記載したとき(※遠隔地者等出頭困難な者は??)

 →確定判決と同一の効力

②調停の不成立→審判に移行

③調停の取下げ 理由・同意不要

 

遺産分割調停の付随問題

1 使途不明金
2 葬儀費用ないし遺産管理費用の清算
3 遺産収益の分配
4 相続債務の処理
5 共有持分
6 遺言の執行
7 同族会社の経営権
8 老親の扶養・介護
9 土地の境界・通行
10 金銭貸借
11 祭祀承継
 
20131116_2.JPG   20131116_3.JPG

【遺産分割審判】

調停が不成立で終了した場合には、調停の申立て時に審判の申立てがあったものとみなされ、遺産分割事件は審判手続きに移行する

 ↓

審判官(裁判官)による判断
 

20131116_4.JPG

【制度の趣旨】

①遺族の生活保障

②潜在的持ち分の清算

【遺留分】

・直系尊属のみ  3分の1

・そのほか    2分の1

 ただし、兄弟姉妹には遺留分ない 

【遺留分の放棄】

・放棄可能(相続開始前は家裁の許可が必要)

⇔相続放棄との異同

 

遺留分減殺請求

(1)請求者

 ・遺留分権利者及び承継人

(2)行使方法

 ・裁判外でも可能

(3)効果

 ・形成権 =遺留分を侵害する贈与や遺贈が、侵害の限度で失効

(4)消滅時効

 ①被相続人の死亡及び遺留分が侵害されていること を知ってから1年

 ②相続開始から10年(除斥期間)

(5)経営承継円滑法における遺留分特例制度

 

遺留分

遺留分に関する相談①

私たち夫婦には、子供もいません。

親も既に亡くなっています。

しかし、お互い兄弟がいて、兄弟にも法定相続分があると聞いたのですが・・・。

自宅以外に財産もなく、どちらかが亡くなったあとの生活が心配です。

(答え)

兄弟姉妹には、法定相続分がありますが、遺留分はありません。

子や親のいない夫婦の場合、一方の配偶者に対して自己の財産を「相続させる」旨の遺言を残しておくのが有効です。

 

遺留分に関する相談②

主人は5年前になくなりました。

同居して面倒を見てくれている息子に自宅を残してあげたいので遺言を書く予定です。

しかし、先日テレビを見ていると嫁に行った娘にも遺留分があると聞きました。

揉めないと信じていますが、万が一に備えて何かできないですか?

(答え)

①遺言書に付記する(遺留分を行使しないで欲しい)

②遺留分に配慮した遺言にする(預金は娘に相続させるなど)

③生前贈与する(死亡前1年以内に注意)

講演実績

セミナー・講演分野一覧

【交通事故】 【離婚】
【相続】 【福祉・成年後見】
【不動産】 【その他】

 ※リンクから各講座のテキストをご確認いただけます。

 ご参考になれば幸いです。



交通事故

H28. 7.21 H28全労済交通事故研修  【担当:板村弁護士・藤村弁護士
H27. 4.22 認知症高齢者による交通事故の予防と法的責任 【担当:板村弁護士】
H26. 8. 8 交通事故研修-主婦休損と過失割合について 【担当:板村弁護士・藤村弁護士
H26. 7.29 交通事故研修-過失割合について 【担当:藤村弁護士】
H25. 9.10 第1回交通事故研修会 ~第1部 「交通事故と損調専門職」~【担当:板村弁護士・藤村弁護士】


離婚

H26. 2. 8 DV防止研修会パネリスト



相続

H29. 2.25 遺言書作成支援に関する留意点~遺言者に寄り添った遺言書作成に関する弁護士の意見~
      【担当:藤村弁護士】
H28. 2.27 遺産分割協議をスムーズに行う方法~遺産分割調停等の現場から観た弁護士の意見~
      【担当:藤村弁護士】
H27. 5.14 消費生活講座「よくわかる遺言」~遺心伝心~ 【担当:藤村弁護士】
H26. 6.21 賃貸住宅セミナー よくある相続トラブルとその予防法 【担当:板村弁護士】
H26. 5.16 相続と資産防衛 今,知っておきたい実践セミナー  【担当:板村弁護士】 
H26. 2.11 相続対策と確定申告・節税セミナー 【担当:板村弁護士】
H25. 5.12 消費生活講座よくわかる相続・遺言・後見



福祉・成年後見

H29. 9.22 高齢者虐待防止研修「虐待防止と権利擁護について~弁護士の視点,社会福祉士の視点から~」
      【担当:板村弁護士】
H29. 9.14 山口県ケアマネ協会講演「~裁判例から見る~施設ケアマネジメントにおけるリスクマネジメント」
      【担当:板村弁護士】

H28.10.27 防府緩和医療懇話会「裁判例からみる在宅介護のリスクマネージメント」 【担当:水野弁護士】
H28. 8.23 防府ケアマネ協会研修「神戸玄関チェーン事件で考える徘徊事故のリスクマネジメント」 
      【担当:板村弁護士】
H28. 2.14 第32回華城地区社会福祉大会「老後を賢く安全に暮らすために」 【担当:板村弁護士】
H27.12.15 防府市高齢者虐待対応研修会 経済的虐待へのアプローチ 【担当:板村弁護士】
H27. 7.20 ソーシャルワーカーデー「なぜ社会福祉士を取得したのか~弁護士と社会福祉士の視点の違いから~」
      【担当:板村弁護士】
H27. 1.22 介護サービスにおけるリスクマネジメント 【担当:板村弁護士】
H26.12. 5 労働者健康福祉機構の未払賃金立替払制度に関する研修会 パネリスト 【担当:藤村弁護士】
H26.10.25 介護保険サービスにおけるリスクマネジメント 【担当:板村弁護士
H26. 9. 25 施設内障害者虐待防止研修 【担当:板村弁護士
H26. 8. 4 未成年後見制度について 【担当:板村弁護士
H26. 6.11 成年後見と医療同意について  【担当:板村弁護士】
H26. 4.24 消費生活講座 よくわかる成年後見制度  【担当:板村弁護士】
H26. 4.19 介護支援専門員のリスクマネジメントセミナー  【担当:板村弁護士】
H25. 3.24 虐待防止と権利擁護を語る
H25. 2.10 「認知症疾患医療センター研修会」
H24.11.14 「H24.11.15 高齢者・障害者の権利擁護に関する弁護士会の取組みパネリスト」
H24.11. 4 第2回山口芸術短期大学キャリアアップ事業 『施設現場における虐待を考える』
H24.10. 2 平成24年度 法人成年後見研修会講師
H24. 3.27 山口県障害者虐待防止・権利擁護研修会講師(障害者虐待防止法)
H24. 3. 2  高齢者虐待対応関係者研修会講師(高齢者虐待防止法)
H23. 9.15 成年後見講義講師(山口県立佐波高等学校)
H22.11.16 成年後見活用講座講師(高齢者虐待防止法)



不動産

H29. 7. 8 プロが教える立退き交渉術~最近の裁判例から見る「正当事由」の感覚~【担当:板村弁護士,藤村弁護士】
H26. 4. 5 入居者とのトラブルを防ぐ法律知識セミナー   【担当:板村弁護士】
H26. 1.18 プロが教える立退き交渉術(H26.1.18) 【担当:板村弁護士】
H25.12. 8 ほっぷ主催 不動産オーナー向け資産活用セミナー 【担当:板村弁護士】
H25. 3.12 山口県土地家屋調査士会防府支部研修会



その他

H29.10. 3 不当要求防止責任者講習 【担当:板村弁護士】 
H29. 7.19 主権者教育講演(下関工業高校) 【担当:藤村弁護士】
H29. 6.22 主権者教育講演(厚狭高校) 【担当:藤村弁護士】
H29. 3.14 主権者教育講演(萩光塩高校) 【担当:藤村弁護士】
H28.12.14 主権者教育講演(萩商工高校) 【担当:藤村弁護士】
H28.10.20 周南市介護支援専門員研修会 個人情報の取扱いについて 【担当:板村弁護士】
H27.10.16 弁護士が語る、消費者トラブル 【担当:藤村弁護士】
H27.11.11 マイナンバー研修「マイナンバー漏洩の法的責任と対策」 【担当:板村弁護士】
H26.12. 4  不当要求防止責任者講習  【担当:板村弁護士
H26.11. 7 第81回民暴山口大会第23回山口県暴力追放県民大会 【担当:板村弁護士
H26. 8. 9 山口県行政書士会業務研修会-ペットに関する紛争の解決方法 【担当:藤村弁護士】
H26. 2.10,2.17 消費者教育講座~さあ,お金の話をしようか~ 【担当:藤村弁護士】
H26. 2. 1 山口県弁護士会 新人実務研修 【担当:板村弁護士】
H25.12.10 2013年度国土交通省山口河川国道事務所法律相談研修会講師
H25.11.16 山口県行政書士会 法的知識研修会 【担当:藤村弁護士】
H25.11.14 不当要求防止責任者講習
H25. 9.26 やまぐち消費者大学「情報通信サービスに関する相談と法律」【担当:藤村弁護士】
H25. 9.21 「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」 (再改訂版)の解説【担当:藤村弁護士】
H25. 4 .4 利益を守る契約書の作り方
H25. 2.23 山口県行政書士会法的知識研修
H24.11. 1 第21回山口県暴力追放県民大会
             大会の様子が山口新聞に取り上げられました。
H24. 9. 5  山口県証券警察連絡協議会講師
H24. 7.27 2012年度国土交通省山口河川国道事務所法律相談研修会講師
H24. 7.12 不当要求防止責任者講習講師
H23.11.16 企業防衛対策協議会講演講師(暴排条例について)
H23. 8. 9  不当要求防止責任者講習講師
H23. 8. 3  司法修習生及び若手会員対象選択型修習講師(高齢者虐待防止法)
H23. 2.15 平成22年度高等学校消費者教育講師(小野田工業高等学校)
H22. 9. 8  司法修習生及び若手会員対象選択型修習講師(高齢者虐待防止法)
H22. 7.27 山口県警 司法改革制度講演講師(裁判員裁判について)
H22. 6.14 不当要求防止責任者講習講師
H22. 3. 8  消費生活相談員養成講座講師(特定商取引法)
H21.11.26 消費生活相談員養成講座講師(特定商取引法)


いたむら法律事務所山口県弁護士会所属

Copyright (C)2012. いたむら法律事務所 All Rights Reserved.