保険会社の提示額は低い

事故後,保険会社から提示される賠償額は,裁判所基準より低いことが多くあります
 
保険会社は,「基準に基づいて計算した」ということで金額を提示してきますが,それは,あくまでも保険会社が自分で定めた基準に過ぎないからです。
 
例えば,2ヶ月入院した場合の傷害慰謝料は,
1)自賠責保険の基準,2)任意保険の基準,3)裁判所の基準で,以下のように異なります。
 
 1)自賠責保険の基準    252,000円
 2)任意保険の基準     504,000円
 3)裁判所の基準    1,010,000円

保険会社が提示する保険金は,1)か2)です。
後遺障害の程度が重度で賠償金額が大きい場合には,裁判所の基準と保険会社が提示する金額の開きが数百万円以上もあることがあります
 
つまり,保険会社は,裁判であればもっと保険金を払わなければならないことを知りながら,あえて低い金額を提示するのです
 
「保険会社の人が言うのだから,そうなのだろう」とすぐに示談に応じずに,専門家である弁護士に示談の提案書を見せて,相談することをお勧めします。

交通事故に関しては、下記のページもあわせてご覧ください。

  保険会社の提示額は低い 傷害事故の賠償額 死亡事故の賠償額
  交通事故問題解決の流れ 交通事故の解決事例  



いたむら法律事務所山口県弁護士会所属

Copyright (C)2012. いたむら法律事務所 All Rights Reserved.